読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOUNG GIRL ALWAYS THINK ABOUT SOMETHING

世界で一番ダサいブログタイトル。ライブの話や自分の話を長めに書きたくなると突然更新するやつ。

ちょっとだけ受験頑張った話

私がなぜ受験を頑張ってみたか、について書きます。

誰でも、尊敬する人に認められたい、相手にされたいという気持ちがあると思います。そして、できることならそういう人たちに追いつきたいとか、何かしらの分野で見合う人間に、かなう人間になりたいという気持ち。憧れ。

中2〜中3の頃、私はツイッターを始めました。同年代で趣味の合う人はなかなか見つからず、大人の方々をフォローするようになりました。その中でちょっとずつ自己嫌悪に陥っていきます。
ぶっとんだことを思いつく発想力はあんまりない。正確で分かりやすい上に面白いような文章を書けない。何かを深く分析したり考察したりできない。好きなものに対してさえその全てを知ろうという情熱を持てない。興味のある分野の知識も、それに関する他分野の知識も乏しい。自分が何を思い何を考えているのかを捉えられず、またそれを言葉にできない。自分の頭が悪かったり人付き合いが苦手だったりするのはまだ若いからだ、となんでも年齢のせいにしてしまう。
自信を持てたのは、いい趣味を持っていることだけでした。でも趣味は自分自身じゃないんだから、それは結局自分の自信にはならないというか。
なんで私はこんなに頭が悪いのだろう、なんでこんなに頭が悪いのに皆さんは私に良くして下さるんだろう、私の頭が悪いのが発覚して急に嫌われたりフォロー外されたりしたらどうしよう。どうすればそういう不安がなくなるか、どうすれば確実に認めてもらえるか。
そこで思いついたのが、学歴を手に入れることでした。私は頭は良くないけれど、自分の今の状況(一人っ子で東京で恵まれた学校通わせてもらってて塾も行き放題)を活かせば、学歴なら手に入れられるかも。私は魅力的じゃないから、学歴をまとうしか、ないじゃない(©秋山友近)。頭がいいのと、勉強ができるのとは、違うことだけど、同じことのように錯覚されやすい。その錯覚を利用してやろうという魂胆です。

そんな感じで、一応満足のいく学歴は手に入りました。そのおかげで、逆に頭の悪さが際立つかもしれないけど。これからは、頭のいい人間を目指します。頭の悪さが露呈することをおそれて、考えたこととかを書かないようにしてた時期もありました。でも、なるべく逃げないように頑張ります。それから、人に認められること以外の価値基準を自分の中に作りたいです。
また内容の薄いこと書いてんな〜とか思っても優しくしてやって下さい。