YOUNG GIRL ALWAYS THINK ABOUT SOMETHING

世界で一番ダサいブログタイトル。ライブの話や自分の話を長めに書きたくなると突然更新するやつ。

もやもや


大喜利見るとき、さっきからAばっかり当たるなとか、Bずっとあげてるのに当たらないなとか、お題のはじめにCが多いとか、そんなとこばかり見てて、その原因・理由を月番とAやBやCとの関係性の中に見出そうとしがち。という私の行動は、私の性質・性格や、私が人をどう見てるのかをあらわしてる。
2人で誰かと会う時間は楽しめるのに、集団になった途端に苦しいのは、たぶん無意識のうちに全員と全く平等に付き合おうとするし、周りからそう見えるようにこころがけるから。さっきからAはBに対してばかり相槌うってるとか、Cと2人で出かけた時の話を皆でいる時にするのはまずかったかなとか、DとEが遊びに行ってたのをDとEと私の3人で話してる時に聞いちゃってなんで私呼ばれなかったんだろうって思ったりとか。ずっとそんなだから私はだんだん口を開かなくなるし、誰の話も上手く聞けなくなる。そしたらテレビを見ているような気分になってきて、自分がなぜそこにいるのか、そもそも自分は存在してるのか、わからなくなって、私の存在価値の無さを実感するという流れ。
誰かだけその場にいないとか、自分だけ集まりに行けないとか、私だけ知らないみたいな状況が苦手。だから特に人間関係のことで何か隠し事されたり、行動から人間関係が読み取れちゃったりすると苦しい。逆に私も人にそういう思いを抱かせないようにと思って敢えて隠し事したり、行動を慎んだりする時があって、それもまた苦しい。
広告を非表示にする