YOUNG GIRL ALWAYS THINK ABOUT SOMETHING

世界で一番ダサいブログタイトル。ライブの話や自分の話を長めに書きたくなると突然更新するやつ。

1202ceroのライブ

前に見た時とは、全く違う感覚だった。
前に見た時は確か、神聖で、恐怖を感じるまでの明るさや光や一体感があって、自分ひとり取り残されたような気分だったのですが、今日は、全員が少しずつばらばらで、平等に、都市生活を肯定し合っているような気分だった。わけわかんないただの感覚ですが。

それは、私が以前見た時よりもceroをたくさん聴いていて疎外感を抱かなくなったからかもしれないし、今日見た位置が途中参戦だったせいでステージよりも少し高くかつだいぶ後ろの方だったからかもしれないし、cero側の曲調や編成やアレンジが変化したからかもしれないし、照明の関係かもしれないし、前に来た時とは違ってワンマンだったからかもしれないし、全部かもしれない。それから、小沢健二のライブに行ったことも関係しているのかもね。

でも、とにかく、宗教っぽさやこわさを今日は感じなかったのだ。アンコールでやっていた曲を前に聴いた時が1番こわかったと記憶している。「いかないで光よ、わたしたちはここにいます」のところとか。今日は、自分もその輪の中に入れたような気もしたし、以前思っていたのとは違って、実は誰もその中にはいなくて、一人ひとりばらばらなのかもしれないとも思った。もしかしたら、

さて、印象に残った曲を。

・「よきせぬ」という曲、もうあんまり記憶はないのですが、ふと小沢健二を思い出すような部分があってハッとしました。美しかった。タイトルがひらがな4文字なのもなんだかよいね。

・ペンギンナイト!最近ああいう曲調が好みなので、ダンシングできて気持ちよかったです。ほんのりソウルキッチンのことを思い出したり。もっと存分に踊りたかったー!ceroの曲は拍子が難しくて微妙にノリにくいのが惜しい。

・私の大好きで大好きで大好きな、「わたしのすがた」!もうこれさえ聴ければ何もいらない、ぐらいの気分である。CDのバージョンも好きで好きでたまらないけれど、ライブの、音がちょっと足りないような、そして歌い方がとても変則的な、その場かぎり感の強いわたしのすがたも大好き。歌詞も好きなんだなぁ。文字でちゃんと読みたくなる、噛み締めたくなる歌詞である。こんな文章が書けたら、とも思う。スケールがデッカくなったり小さくなったり、それが行き来する感じが、何も考えていないようで、でも考えて(空想して?)生きている、都市生活者の空虚なリアルな気がして。リアルな空虚?東京とか街とか海とか、そういうのって全部概念なのかもしれない、夢でフィクションで嘘かもしれない、でもわたしはわたしのすがたを今ここで新木場で聴いていて生きているのだ〜うわ〜〜!的な。アレンジがちょっとレゲエっぽいのもよい。フィッシュマンズのライブってきっとこんなだったのかしら?と想像してしまう。私がceroのライブに行く1番の理由は、2016年を1996年生まれとして生きていることを肯定されたいからなんだろうと思う。今アツいグループのライブにきちんと行っていて、ちゃんと2016年を生きているという証明が欲しくて、将来、せっかく2016年を生きていたのにceroを見に行かなかったことを後悔したくなくて、きちんと今を生きていると感じたくて。

あ、あと、どの曲か忘れたけど、めちゃくちゃオリジナルラブそっくりだった。今日は全体的に、◯◯に似ているな〜と思ってしまうことが多かったかも。私は、はじめのうちは、大好きだけれどその全盛期にライブに行けなかった色々なグループのライブを追体験する感覚を求めるやましい気持ちで手を出したのかもしれないけど、もっと、ああceroだな〜!ceroだし、しかもこんなの今まで聴いたことないな〜!という感動や新鮮味や驚きがほしい!もっとびっくりしたいし、もっと新しいceroを感じたいぜー!どんどんどんどん変わっていくバンドなんだろうって感じたので、楽しく追っていけたらいいなと思いました。

広告を非表示にする