YOUNG GIRL ALWAYS THINK ABOUT SOMETHING

世界で一番ダサいブログタイトル。ライブの話や自分の話を長めに書きたくなると突然更新するやつ。

悶々2月/市場価値

年始に目標を立てた。

その進捗はあんまり良くないし、その進捗が良ければこんなに悶々としていないのかもしれないし、そもそも目標の立て方が良くなかったかもしれない。でも仮に目標がよくなかったと気付いたんだとしたら、この2ヶ月弱で既に新しいことに色々気が付けたのだ、とも言えるか。

 

もう悩むことが趣味で、解決には興味がないのかもしれないけど、とにかく悩んで落ち込んでいる。クサクサ。

 

この2ヶ月、びっくりするほど平穏で幸せで本当にびっくりしていた。だけど、予想通り、いつもの焦燥感みたいなのがダッシュで襲ってきて脳みそをギューってしてくる。PMSもあるかもしれんが。

本来、私は周りの友人たちのことが好きなだけで、趣味とか文化とか本当はきっとなくても生きていけるタイプなのだ(わかんないけど)。だから、好きな友達たちとコンタクトがとれて美味しいものが食べられて一緒に遊んでいられたら超生きていける。そういう人生を所望。

いやしかし、そんな日が続くと、「自分の市場価値を上げなければ」という変な焦りが湧いてきてしまう。なんなんでしょうね。

例えば名前の売れている人を見ると、羨ましくなるというか、落ち込む。何かしらで仕事や依頼がどしどし集まるような人である。そうなりたいという気持ちより、そういう人を見て相対的に自分は下層の人間だなぁと思って焦るのだ。別になりたいわけじゃないのに、焦ってしまう良くないやつである。

で、別になりたいわけではないから、焦りはするけど、「どの市場での価値を上げれば?」「何をすればいいの?」となるわけで、ネクストステップは特にない。こうなると、目的もなくとりあえずばんばん予定を立ててみたり、仕事を増やしてみたりと手を広げる時期に突入するのが私のセオリーである。本来そういう人じゃないから、その後パンクしていくのだが。

さらに、売れてる人っていいな〜と思ってはいるが、結局何にも責任を負いたくないし、プライバシーは120%守りたい。誰も不快にさせたくないし、自分のせいで何か起きたら困る。だから自分の名前で何かを成し遂げたくない。でもでも知られたい。的な。なんやねん。

マジでこういう承認や認知や評価みたいなものを望む気持ちは本当の本当に最悪である。最悪だ。

 

 

で、悩んでいる具体的なことたち。

 

①今の会社にずっとは居られないということ

だから尚更、あと数年のうちに、労働市場における自分の価値を上げなければ、と焦っているのである。

そんで、自分の名前で売れてフリーランス的に生活できているような人とか、起業してうまくいってる人、知識がしっかりあって仕事をばんばんしている人、引く手数多の人、余裕で転職しまくっている人、などをSNSで観測して「どうしよう!」ってなる。

本当は、別にそこそこで働き続けて生活に支障がなければOK、と思ってはいるのだが、その状態が意外とリアルにイメージできない。だから、前者のような「確実にその人にしかできない仕事があると認められている人」を見ると、こういう人の方が食いっぱぐれなさそうだから、本来こっちを目指すべきか?という、おそらく私にとっては誤った思考回路にどんどん導かれてしまう。

いや、その人たちがすごいことは合っているんだけど、私には絶対そういう生き方は向いていない。多少の転職はしつつも極力安定した大きめの会社に居つづけて、その中でそこそこやりたい仕事(これが厄介)をしてそれなりの給料もらって人生を終えたいのよ。

そのファーストキャリアとして、今の会社はそこまで間違ってないとは思いつつ、かといって他の会社がどんななのか知る由もないわけで、転職ってどんなものかも知らないわけで、ずっと焦っているわけです。

まあ今の仕事は今の仕事で楽しいんだけど、より成長するために何が必要なのかよく考えていません。ここへの焦りもありますね。

 

空気階段の単独が良すぎて落ち込んだ

良すぎたことについては、直接皆さん話しましょう、是非。良かったよね!という連絡をください。もう良かったところしかなかったな。

落ち込みその1

ラジオという媒体に全然触れずに生きてきたコンプレックスを高校の頃から抱えているのに、どうしても習慣化されないまま24だな。最近はテレビも見られていない。マジで結局何も好きじゃないんじゃないのお前、という感じだ。でも特にラジオが苦手で、私は何かをしながら音声を摂取することができなくて(内容を聞き漏らしてしまう)、かといって音声だけのメディアに集中する時間を確保することもできない(ただの怠惰だけどついLINEやTwitterを開いてしまう/テレビは映像がある分他のものに気を取られずに済む)。暇な時間があったら人に電話しちゃうし。そんなこんなで本当に触れてこなかったら、気付けばお笑いは見ないけどラジオは聞いてるみたいな人も増えてるし、みんなラジオ好きだから友達との話も合わなくて、落ち込む。みたいな落ち込みをズバリぶっ刺されてしまった。

その2

良すぎるコントをみると、自動でかつての辛かったことがフラッシュバックする仕組みが出来上がっている。悔しい!みたいなアレではなく(そんなの畏れ多いとかすら畏れ多いべ)、私が面白くないせいでごめんなさい、という皆さん聞き慣れたいつものアレなのですが、これ本当にいつまでもなおらないんですかね。落語は1人だし大会にも出なかったから、自分で自分のことを愛せる方向に向かいやすくて良かったな。それを応用して、きっと大会とか評価とか面白いと思われることとかを意識せずに、「自分が面白いやりたいと思うことをやる」を目標にしたら少しはマシになるんでしょうけど、やっぱり相手のいることだと色々難しいよね。でもほんとに、私は面白くないし色々下手だし、嫌になるな。

 

③自分の頭の悪さと教養のなさ

歴史とか政治とか社会とか思想とか哲学とかジェンダーとか経済とかビジネスとかカルチャーとか、私はあまりに知識や教養がない。これだけは詳しい!これは任せて!みたいな分野がない。映画のレビューとか読んでいてもわからないことだらけだし、ポストほにゃらら、とか、〇〇イズム、とか、社会の何かしらの文脈の中で対象が語られていたら何もわからなくなっちまうし、尚更、自分が何かを語るなんてもってのほかである。中高大、なーんにも勉強してこなかった。あんなに勉強してきたのに、何もかも残っていない。脳が空っぽ。なんなんだろう。本当にバカすぎる。どうしようもない。

 

 

そんな感じですね。他にも細々落ち込んでることはあるんですがまあ置いておきましょう。

全部整理するとスッキリだけはする。

ここから解決にはどう向かうか、を超絶具体的にしないといけないんですよね。

それを行ったのが1月の目標設定だったんだけど、またちょっとずれてきてぶれてきているので、多少目標を更新することも考えてみます。

 

遅。